ドライ肌というのは、肌(皮ふ)のセラミドと皮脂の量…

ドライ肌というのは、肌(皮ふ)のセラミドと皮脂の量が正常値よりも減退することで、皮膚にある水分が揮発し、皮ふがカサカサに乾燥してしまう症状のことです。

アトピーは「場所が特定されていない」という意味を持つギリシャ語のアトポスから派生し、「何かしらの遺伝的因子を持つ人のみに発病する即時型のアレルギー反応に基づいた病気」のことを指して名前が付けられたと言われている。

なんとかしたいという気持ちからマッサージしてしまう方がいますが、特に目の下は弱いので、こするように圧力を与える粗っぽいフェイシャルマッサージは良くありません。

20才を過ぎてから発現する難治性の“大人ニキビ”の女性が徐々に多くなっている。10年以上この大人ニキビに苦痛を感じている方々が皮膚科のクリニックを訪問している。

内臓が元気かどうかを数値で見られるありがたい機械があります。『ノイロメーター』という医療機器で、人間の自律神経の状況を調査することで、内臓が健康かどうかが確認できるという応用範囲の広いものです。

唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、肌のたるみは確実に悪化します。明るく唇の両端を上げた笑顔でいるように心がければ、たるみ予防にもなるし、外見も美しくなりますよね。

そんな場合に大多数の医師がまず使うのが、ビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使用すれば半年くらいでほぼ元通りに持っていけるケースが多いと考えられている。

ネイルケアという美容法は爪をよりきれいな状態に保っておくことを目的にしている為、爪の健康状態を調べる事はネイルケア技術の向上にきっと役立つし無駄がない。

デトックスという言葉はそんなに目新しいものではないが、結局は健康法や代替医療のひとつであり、医師による「治療」とは違うことをわかっている人はことのほか少ないらしい。

アトピーの原因:家族歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)のうち何れか、又は2種類以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる主因、等。

さらに毎日のストレスで、心にも毒素は山のごとく蓄積していき、同時に体の不調も引き寄せてしまう。こうした「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、苛まれた現代人をデトックスに駆り立てるのだろう。

お肌の奥深くで作られた細胞は時間をかけてお肌の表面へと移動し、最後は角質となって、時が来れば剥がれ落ちます。これこそがターンオーバーの内容です。

スカルプは顔の皮膚につながっており、おでこまでは頭皮に等しいものと考えるのはまだあまり知られていません。歳を重ねるにつれ頭皮がたるむと、その下にある顔のたるみの主因となります。

肌の奥深くで作り出された肌細胞はゆっくりと時間をかけて皮膚の表面へと移動し、最後には角質層となって、約28日経てばはがれ落ちます。この仕組みが新陳代謝です。

外観を装うことで心が活発になって余裕ができるのは、顔に悩みを持っている人もいない人も変わりません。リハビリメイクは己の内側から元気を見つけ出す最良の手法だと自負しています。