バイキンやウィルスなどの病気を誘引する病原微生物が…

バイキンやウィルスなどの病気を誘引する病原微生物が口から肺へ侵入して発病し、左右いずれかの肺が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と呼ぶのです。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染による急性腸炎の場合は強烈な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが相違点だといえます。

アルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に有効な成分です。苦しい二日酔いの原因とされるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の分解にも力を発揮します。

毎日のようにゴロンと横向きになったままでTVを視聴していたり、思いっ切り頬杖をついたり、踵の高い靴を毎日履いたりといった癖や習慣は身体のバランスを悪化してしまう素因になります。

World Health Organizationは、有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは肌に健康障害を招くとして、18歳以下の若者が日サロを利用することの禁止を広く世界中に勧めている最中です。

ご高齢の方や病気を患っている人は、殊更肺炎になりやすくて治療が長引くという傾向にあるため、予防策の徹底や迅速な手当が必要です。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺をつないでいる気道(きどう、呼吸器の一種)から出血する状態で、吐血の方は十二指腸よりも上にある消化管から出血する状態を示しています。

天然の化学物質、フィトケミカルの一つのイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓が分泌している解毒酵素のスムーズな産出をサポートしているという事が判明してきました。

真正細菌のひとつである結核菌は、人間がゴホゴホと「せき」をすることによって空中に排出され、空中にフワフワ流されているのを今度は別の人が吸い込むことで感染していきます。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、1週間くらい処方薬を飲めば、一般に多くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、さりとて食道の粘膜の発赤や炎症が全快したわけではないので気を付けましょう。

めまいが起こらず、強い耳鳴りと低音域の難聴を何回も発症する症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で診断する場合があるのです。

子供の耳管の構造は、大人に比べて太目で短い形であり、加えて水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっています。子どもがよく急性中耳炎になるのは、この作りが関係しています。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人にしか感じられないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように他の人にも品質の高いマイクロホンを使うと感じられると言われている「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森の杉やヒノキ、ブタクサなどの大量に飛散する花粉が元凶となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を発症させる病気だということができます。

侮ってはいけないインフルエンザの予防術や治療方法など、このような基礎的な対処策というものは、季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わらないのです。