内臓に脂肪が多い肥満が確認され、脂質過多、塩分の摂…

内臓に脂肪が多い肥満が確認され、脂質過多、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)のうち2つ以上に当て嵌まるケースのことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と言っています。

アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を衰退させたり変異を誘発する人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の動作を良くする役目が明らかになっているのです。

老人や慢性疾患を患っている人は、際立って肺炎になりやすく治療が長引く特徴があるので、事前に予防する意識や早めの処置が大切です。

骨折して大量出血した時は、血圧が下がって眩暈や冷や汗、吐き気、立っていなくても起こる意識消失などの色々な脳貧血症状が見られることがよくあります。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるので大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸を壊すなど、肌にとって悪い影響を与えます。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを含んでいる精液や血液、母乳や腟分泌液などの体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口に触れることで、感染する危険性が高くなります。

ストレスがかかり、溜まってしまうメカニズムや、便利なストレスケア方法など、ストレスにまつわる基本的な知識を学んでいる人は、現時点ではまだ少ないようです。

マスクが欠かせない花粉症とは、山林の杉やヒノキ、ヨモギなどの決まった時期に飛散する花粉が素因となって、くしゃみ・頭重感・鼻水などのアレルギーを発症させる病気として認識されています。

生殖器である前立腺は働きや成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても深く関連していて、前立腺に出現してしまったガンも同様に、アンドロゲンの働きを受けて成長してしまいます。

結核をもたらす結核菌は、菌を持っている人が「せき」をすることによって空中に放出され、空中でフワフワしているのを他人が呼吸の際に吸い込むことによりどんどん感染します。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒素が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けることができます。

ブラッシングで、当事者が猫のことを可愛らしいと感じる時に「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスの低減や精神のヒーリングなどにつながるのです。

痩せたいあまりにカロリーを抑える、ほとんど食べない、こうした食生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを齎していることは、何度も言われているのです。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究によって、予防の効用が望めるのはワクチンを注射した14日後からおよそ5カ月間くらいだろうと考えられているようです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまったことで、残念なことに膵臓からほとんどインスリンが出なくなって発病に至る自己免疫性のタイプの糖尿病です。