塩分と脂肪の大量摂取は控えて続けられる運動に励み、…

塩分と脂肪の大量摂取は控えて続けられる運動に励み、ストレスを溜めすぎないような毎日を意識することが狭心症を招く動脈硬化を予め防ぐコツだといえます。

基礎代謝は人間が何もせずに横たわっていても使うエネルギー量のことで、大部分を全身の様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費しているということをご存知ですか?

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが吸収されるのを助長することで知られており、血中のカルシウムの濃度を調節し、筋繊維の機能を操ったり、骨を生成します。

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首筋のこりから来る肩凝り頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような耐え難い頭痛と表現されています。

チェルノブイリ原発の爆発事故の後追い調査のデータから、大人と比較して子供のほうが風に流されてきた放射能のダメージを受けやすくなっていることがわかっているのです。

植物に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質について、肝臓が分泌している解毒酵素のスムーズな生産を促進しているかもしれないという新たな真実が判明してきました。

吐血と喀血、どちらも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺に続いている気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることであり、吐血の方は十二指腸より上部の消化管から出血する病状を指しています。

肝臓を元気な状態にキープするためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低下しないようにする、即ち、肝臓の老化を食い止める対策を実行することが効果的だと考えられます。

アイコンタクトで、患者がセラピードッグのことをとても愛おしく思うことによって「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスを緩和したりヒーリングに繋がっているのです。

アルコールを分解する肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や糖尿病等々いろいろな健康障害の合併症の元凶となる可能性があることをご存知でしょうか。

メタボリック症候群とは言われなかったとしても、臓器に脂肪が付いてしまう種類の悪質な肥満になってしまうことにより、色々な生活習慣病を発症しやすくなります。

多くの人に水虫といえば足をイメージし、中でも足の裏に発症する病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染するのは足しかないのではなく、体中どこにでもうつってしまう恐れがあるので気を付けましょう。

V.B6には、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要な重要な回路に組み込ませるために再度化学分解することを補助する機能もあります。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌というかびが股間や陰嚢(いんのう)、尻などの部位にうつってしまい、寄生する感染症であり俗に言う水虫です。

「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの値で診ることができますが、ここ数年間で肝機能が衰えている現代人の数が徐々に増えているということが分かっています。