環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、すなわちまる…

環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、すなわちまるい形状をした紅い色の湿疹や鱗屑など、皮膚の病気の総合的な病名であり、その病因は非常にいろいろだといえるでしょう。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・お酒を飲むこと・肥満といったライフスタイルの乱れ、ストレスに縁って、ことさら日本人に増えつつある疾患だということができます。

目と目を合わせることで、人間がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと思う時にホルモンのオキトキシンが分泌された結果、ストレスを軽減したり癒しなどに結びついています。

毎日の規則正しい暮らしの保持、暴飲暴食を控えること、正しい運動やスポーツなど、一見古典的ともいえる健康に対する配慮が皮膚の老化防止にも役立つのです。

複雑骨折して大量出血した場合、急激に血圧が下がって、眩暈やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、気絶などの様々な脳貧血の症状が起こる場合があります。

くしゃみに鼻みず、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーを起こす花粉の飛び散っている量に追従するかのように悪化してしまうという性質があるのです。

耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分類されますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスなどが付き、炎症が発生したり、体液が滞留する症状を中耳炎と言っています。

暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、高齢化など多様な原因が集まると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。

BMI(体重指数を求める式はどこの国でも同じですが、数値の位置づけは国ごとにそれぞれ少しずつ異なり、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と広報しています。

男性だけにある前立腺という臓器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関係し、前立腺に発現してしまった癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の働きによって肥大化します。

基礎代謝というのは人間が何もしていなくても燃焼してしまう熱量のことですが、大方を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳が占めているのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなり、血流が途絶えて、栄養や酸素が心筋に配達されず、筋線維そのものが死ぬという大変怖い病気です。

患者が増えつつある逆流性食道炎は、1週間も処方薬を飲めば、大体、9割前後の患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の傷みや炎症が癒えたとは言い切れないので気を付けましょう。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、人間が咳き込むことによって空中に散布され、空中でふわふわと移動しているのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことにより感染していきます。

30歳代で更年期になったら、医学用語で表現すると「早期閉経」という病のことを指します(我が国の場合40歳未満の女の人が閉経してしまう状態のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と称しています)。