胸痛を主訴とする狭心症の外科的な措置では「大動脈内…

胸痛を主訴とする狭心症の外科的な措置では「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」のふたつの治療が高い頻度で扱われています。

道路交通事故や屋根からの滑落など、強大な圧力がかかった場合は複数の部分に骨折がもたらされてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、加えて臓器が破裂してしまうこともよくあります。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、元来、ヒトをがんから護る働きをする物質を製造するための型である遺伝子の異常により起こるとのことです

内臓が脂肪過多になっている肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2~3項目に相当するような健康状態を、メタボ(メタボリックシンドローム)と名付けています。

栄養バランスの取れた食生活やスポーツは当然ですが、健康増進やビューティーを目的として、食事の補助として色々なサプリを摂る事が珍しくなくなりました。

気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、疲労感、食欲不振、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の様々な症状が見られるのです。

ストレスがかかり、溜まるという構造や、手軽で有用なストレスのケア方法など、ストレスに関して深い知識を勉強しようとする人は、多くはありません。

耳の内部の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に分類できますが、中耳のところに様々なばい菌やウィルスなどが感染し、炎症が誘発されたり、液体が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。

エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事であって、免疫不全へと至って些細な真菌などによる日和見感染やがん等を発症してしまう病状の事を総称しているのです。

毎日の規則正しい暮らしの継続、食べ過ぎないこと、正しい体操など、アナログとも思える身体に対する留意が老化防止にも活用されるのです。

「時間がない」「粘着質な色々な人間関係がすごく嫌だ」「先端テクノロジーや情報の進歩に追いつくことで精一杯」など、ストレスを感じやすい主因はみんな異なります。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、無理な痩身ではこのように体をキープするために絶対欠かせない栄養までもを減少させてしまっている。

バイ菌やウィルスなどの病気を誘引する微生物(病原体)が呼吸とともに肺へ潜り込んで発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を呈示した状況を「肺炎」と称しているのです。

めまいは起こらないのに、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴を幾度も発症するパターンのことを区別して「蝸牛型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」という病名で診断する事がままあります。

加齢に伴う耳の聞こえにくさではちょっとずつ聴力が落ちていくものの、普通は還暦過ぎまでは聴力の衰退をしっかりとは認識できないものです。