若年層で感染症である結核の抵抗力、即ち免疫力を持っ…

若年層で感染症である結核の抵抗力、即ち免疫力を持っていない人々が増加したことや、自己判断のせいで診断が遅れることが素因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増加しているようです。

BMI(体重指数)の計算式はどこの国も共通ですが、値の評価は国家ごとに異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満の場合は低体重と定めています。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の非常に強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられます。

前触れもなく発症する急性腸炎は、大体において腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状が出る位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38℃以上の高熱が出るのが見分けるポイントだといえます。

栄養バランスの取れた食事や運動はもちろんのこと、全身の健康や美容を目的として、サブに色々な成分のサプリメントを飲む行為が一般的になっているということです。

腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間で緩衝材のような役目を担っている椎間板という名のやわらかい円形の組織が飛び出てしまった症例を称しています。

ブラッシングで、要介護者が猫のことを可愛らしいと思った場合に「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを緩和したり精神の癒しなどに繋がります。

脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と言われる脳の血管にできた不要なコブが破れる事が原因となって起こってしまう深刻な病気として認識されるようになりました。

杉花粉が飛ぶ季節に、乳幼児が発熱は確認できないのにクシャミや水のような鼻水が止まらないような状態なら、杉花粉症の恐れがあります。

アルコールを分解する肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝という病気は、動脈硬化や肝硬変というような様々な生活習慣病の合併症の元凶となる恐れがあることをご存知でしょうか。

H17年以後新しくトクホ(特定保健用食品)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促す文句を表記すること食品メーカーに義務付けられている。

内臓に脂肪が多いことによる肥満が診られ、脂質過多(ししつかた)、塩分摂取などが関係している「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2~3項目当てはまるような様子のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と言っています。

陰金田虫(いんきんたむし)は20~30代の比較的若い男性に症例が多く、原則として股間の周辺だけに広がり、身体を動かしたり、入浴した後など全身が温まった時に激しい掻痒感があります。

耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか感じないのが特徴の「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人以外の人にも性能の良いマイクロホンを使うと聞けるというタイプの「他覚的耳鳴り」があるのです。

学校や幼稚園等の大規模な集団生活をする中で、花粉症のせいで他のみんなと同じように外で明るく運動できないのは、当事者にとっても辛いことです。