虚血性心疾患の心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血…

虚血性心疾患の心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなり、血流が止まり、酸素や色々な栄養が心筋まで送られず、筋繊維自体が壊死するという大変重い病気です。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわって、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるため、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に注射してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の形になっています。

お酒に含まれるアルコールやお薬、化学調味料を始めとした食品添加物等を酵素で分解して無毒化する作用を解毒と称し、多機能な肝臓の果たす大切な職責の一つだと言えるでしょう。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常であれば人の身体を癌から保護する役割を持つ物質を生み出すための鋳型ともいえる遺伝子の異常により発症してしまう病気だというのは周知の事実です。

めまいは出ないのに、辛い耳鳴りと低音域の難聴だけを何回も繰り返すパターンを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病」と呼ぶようなこともあるようです。

学校等の団体生活をするにあたって、花粉症の症状が原因でクラスメイトと同様に外でめいっぱい運動できないのは、子どもにとってさみしいことです。

暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化など様々な原因が融合すると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが落ちたりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発症するのです。

肝臓をいつまでも元気に維持するには、肝臓の毒素を分解する作用が低くならないようにすること、別言すると、肝臓を老化させない対処法を開始することが重要だと思われます。

酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、辛い宿酔に極めて効果的です。不快な宿酔の主因物質であるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化に作用します。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、3~4日ちゃんとお薬を飲めば、普通、多くの患者さんの自覚症状は消失しますが、イコール食道の粘膜の炎症そのものが根治したとは断定できないのです。

メタボであるとは診断されていなかったとしても、内臓に脂肪が付いてしまう性質の体重過多を抱えることにより、あらゆる生活習慣病を招きやすくなります。

もし婦人科の検査でやはり卵胞ホルモンなどの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(そうはつへいけい)だと分かったら、不十分な女性ホルモンを足すような医術などで良くなります。

いんきんたむしというのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌というかびが陰嚢(いんのう)や股間、尻などの部位に何らかの理由でうつってしまい、定着してしまう病気で水虫です。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.などとは異なって、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果を発揮するのです。

高血圧(hypertension)がある程度続くと、血管に重い負荷がかかった結果、頭から足までいろんな血管に障害が起こって、合併症を招く割合が拡大します。