月別アーカイブ: 2017年10月

昼間なのに普段浮腫まないはずの顔や手がむくんでいる…

昼間なのに普段浮腫まないはずの顔や手がむくんでいる、十分眠っているのにも関わらず脹脛のむくみが取れない、といった症状は病気が潜伏している恐れがあるので医者の処置が不可欠です。 ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は細胞と細胞の隙間に多数存在しており、水分を保持したりクッション材の作用で細胞を擁護していますが、歳を取るにつれて体内のヒアルロン酸は徐々に減少します。 更に日々の暮らしのストレスで、精神にまでも毒素はどんどん溜まってしまい、体調不良も招く。「心も体も毒だらけ」という不安が、多くの現代人をデトックスへと駆り立てる。 頭皮の健康状態が悪くなってしまう前にきちんと手入れして、健康な状況を保ったほうがよいでしょう。状況が悪くなってから手入れし始めたとしても、改善に時間を要して、お金もさることながら手間も必要になってしまいます。 特に夜間の口腔内のお手入れは大切。蓄積されたくすみを取るため、就寝前はきちんと歯みがきすることをおすすめします。しかし、歯のブラッシングは何度も行えば良いわけではなく、内容のクオリティに着目することが肝心なのです。 男女問わず浸透してきた頭皮ケアは別名スカルプケアとも言われます。頭皮(スカルプ)は髪の毛のトラブルの代表である抜け毛や薄毛などに密接に繋がると供に、フェイスラインの弛みなどにも悪影響をもたらします。 内臓矯正(軟部組織マニプレーション)というのは近辺の筋肉や骨のおかげで位置がおかしくなった内臓を元来収まるべきポジションにもどして内臓の健康状態を活性させるという手当です。 白く美しい歯をキープするために、歯の表面だけでなく隙間も念入りに磨くことを忘れないで。キメ細やかな泡立ちの歯磨き粉と毛先の口当たりが優しい電動歯ブラシなどを使って、ゆっくりケアをしましょう。 メイクアップの長所:新しいコスメが出た時の幸せ。メイク前の素肌とのギャップの楽しさ。多種多様な化粧品に資金をつぎこむことでストレスが解消される。化粧をすることそのものの好奇心。 この国における美容外科の来歴において、美容外科が「紛れもなく正しい医術」だとの認識と地位を手に入れるまでには、思ったよりも年月を要した。 化粧品の力を借りてエイジング対策をして「老け顔」脱出大作戦を敢行!お肌の質を見極めて、自分にぴったりの化粧品を選び抜き、適切な手入して「老け顔」から抜け出しましょう。 女性たちが「デトックス」に惹かれる大きな理由として思いつくのは、我々日本人が暮らしている環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚れ、果物などの食物には化学肥料や農薬がたっぷりかかっていると実しやかに囁かれている。 夏、紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法は3種類。1.日焼けした部分を冷やす2.十分にスキンケアローションをはたいて潤いを保持する3.シミを作らないためにもはがれてきた皮を剥いては駄目だ 細胞が分裂する作用を活発にし、肌を再生させる成長ホルモンは昼間の仕事などの活動している途中ではほぼ分泌されなくて、夜にゆっくりと身体を休めくつろいでいる状態で出ると言われています。 日常的な寝不足は皮膚にはどのようなダメージをもたらすのでしょうか?その答えが新陳代謝の乱れです。健康なら28日単位である肌の生まれ変わる速さが遅くなってしまうのです。 ... Read More

特に22時~深夜2時までの240分間は皮膚のゴール…

特に22時~深夜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりが一層活発化します。この時にぐっすり寝ることがどんな化粧品にも勝るスキンケアの方法だといえます。 身体中に存在するリンパ管と並行して動いている血液の循環が鈍くなると、必要な栄養や酸素が配られにくくなり、最終的には余分な脂肪を着けさせる因子となります。 我々が「デトックス」にのめりこんでしまう理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らす環境が汚染されていることにある。空気や土壌は汚染され、野菜などの食物には化学肥料や有害な農薬が多くかかっていると実しやかに囁かれている。 気になる下まぶたのたるみの解消法で最も有効なのは、顔のストレッチでしょう。顔面にある筋肉は無意識下でこわばったり、その時の感情に関わっている場合がよくあるようです。 押すと戻るお肌の弾力感。これを司っているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。バネの役割を担うコラーゲンが正常に皮ふを支えていれば、弛みとは無関係でいられるのです。 頭皮は顔面の肌と繋がっており、額まではスカルプと同じものと捉えることはあまり知られていません。老化に従いスカルプが弛み始めると、その下にある顔のたるみの主因となってしまいます。 長時間にわたって紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つご紹介します。1.日焼けした部分を冷やす2.ふんだんに化粧水をパッティングして潤いを与える3.シミができないように表皮を剥いてはいけない メイクの良いところ:外観がきれいになる。化粧もマナーのひとつ。本当の歳より大人っぽく写る(ただし20代前半まで限定です)。人に与えるイメージを好きなように変えられる。 メイクの利点:自分自身の顔立ちを少し好きになれること。顔の面皰跡・クスミ・毛穴・そばかす・ひっかき傷等が上手に隠れる。少しずつキレイになっていく高揚感。 ついついPCの画面に集中しすぎてしまい、眉間に縦ジワを作り、さらに口角を下げたへの字口(余談ではありますが、私は別名「富士山口」と勝手に名付けました)になっているのでは?これはお肌の大敵です。 最近よく聞くデトックスとは、身体の中に澱のように蓄積された不要な毒を体外に出すという分かりやすい健康法で民間療法や代替療法に大別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。 お肌の新陳代謝が遅れると、様々な肌のエイジング現象や肌トラブルが起こります。シワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変です。 形成外科とは違って美容外科が欠損や損壊のない健康体に医師が外科的処置をおこなう美容のための行為なのに対して、安全への意識が充分ではなかったことが一つの大きな原因であろう。 歪みが発生すると、内臓が互いに圧迫し合うため、つられて他の内臓も引っ張り合ってしまった結果、位置の移動、変形、血液・細胞の組織液・ホルモンの分泌等にも芳しくない影響をもたらすのです。 お肌の若々しさをキープするターンオーバー、別言するとお肌を生まれ変わらせることができる時間というのは極めて限定されており、夜半に就寝している間だけだということです。 ... Read More

残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ観戦・翌…

残業、終電帰りの飲み会、深夜に至るスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当やご飯の支度…。肌に良くないというのを分かっていても、実際の生活においては満足できるような睡眠時間を確保できない方がほとんどではないでしょうか。 皮膚の奥で作り出された肌細胞は徐々に表面へ移動し、結果皮ふの表面の角質層となって、約28日経てば自然に剥がれ落ちます。このシステムがターンオーバーと呼ばれています。 アトピー主因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)のうち一種類、又は2種類以上)、IgE 抗体を産生しやすいと予測させる因子、など。 洗顔石鹸などできちんと毛穴の奥まで汚れを取るようにしましょう。洗顔石けんは肌に合ったものを使います。皮膚に合っていれば、安いせっけんでも問題ないし、固形のせっけんでもかまわないのです。 頭皮のコンディションがおかしくなる前にきちんと手入れして、健やかなスカルプを維持しましょう。おかしくなってからケアし始めたとしても、改善に時間を要して、費用はもちろん手間もかかります。 ドライスキンによるかゆみの原因の大半は、加齢に伴う角質細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、固形せっけんなどの頻繁な洗浄に縁る肌のバリア機能の衰えによって発現します。 比較的女性によく知られているデトックスとは、人間の体内に蓄積されたあらゆる毒素を体の外へ排出させることを目的とした健康法であくまで代替医療に類別される。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く切った「detox」から来ている。 スカルプは顔の肌とつながっていて、額も頭皮と同じだと捉えるのをあなたは知っていましたか。歳を重ねるにつれ頭皮がたるみ始めると、その下にあるフェイスラインのたるみの誘因となります。 「デトックス」法に危険性や問題は本当に無いのだろうか。そもそも身体の中に蓄積していく毒とは一体どのようなもので、その「毒」は果たして「デトックス」によって体外へ排出されるのだろうか? ともかくも乾燥肌が毎日の生活や周辺環境に深く関係しているというのなら、普段の身辺の癖に気を配りさえすれば幾分か肌のトラブルは解消するのではないでしょうか。 日常的な睡眠不足はお肌にはどんなダメージを与えるかご存知ですか?その代表格が新陳代謝が遅れてしまうこと。皮ふの生まれ変わる速度が遅れます。 レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固なシミを短期間で目立たなくするのにすこぶる向いている治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・にきびなどに効果的です。 審美歯科(しんびしか)というのは、美しさを重視した総合的な歯科医療。歯の持つ役割には物を噛むなどの機能面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、2つとも健康面では欠かせない要素だと言えよう。 美白(ホワイトニング)という美容法は1990年代の終わり頃に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子の活躍とともに人気になったが、それより昔からメラニン増加が原因の黒ずみ対策の専門用語として活用されていた。 洗顔石けんなどできちんと毛穴の奥まで汚れを取りましょう。石けんは肌に合ったものを使用します。肌に合ってさえいれば、安価な物でも問題ないですし、固形せっけんでもOKです。 ... Read More