月別アーカイブ: 2018年1月

この国では、肌が透き通るように白くて淀んだくすみや…

この国では、肌が透き通るように白くて淀んだくすみや目立つシミの無い状態を望ましいと思う感覚は現代以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。 指で押しても元通りになる皮ふのハリ。これを生んでいるのは、誰もが知っているコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。スプリングの役目をするコラーゲンが安定して肌を下支えしていれば、肌は弛みとは無縁なのです。 見た目を装うことで気持ちがはつらつとして余裕ができるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も一緒。私たちはリハビリメイクを自分の内から元気を引き出せる最良の手法だと捉えています。 スカルプケアのメインの役目は健やかな髪を保持することにあります。毛髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛が増加するなど、たくさんの方が頭髪のトラブルを秘めているのです。 よく女性誌や美容本には、顔が小さくなる、肌が美しくなる、ダイエットできるし、デトックスされる、免疫の向上などなど、リンパの流れを促進すればあらゆることが叶えられる!などという謳い文句が並んでいる。 トレチノイン酸治療は、頑固な色素の強いシミをスピーディに淡色に和らげるのに特に優れた治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・紫外線やホルモンバランスが原因の肝斑・吹き出物などに高い効果があります。 お肌の細胞分裂を促進して、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の仕事などの活動している時間帯には出なくて、暗くなってからゆるりと身体を休め落ち着いている状態で出始めます。 デトックス法は、特別なサプリメントの摂取及び汗をかくことなどで、これらの体の中にある有毒な毒素をできるだけ体の外へ出そうとする技術のことを指している。 ネイルケアとは爪をより一層きれいな状態にキープすることを目標にしている為、爪の変調を把握しておく事はネイルケアのテクニック向上に相当役立つし理に適っているということができる。 深夜残業、終電帰りの食事会、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の子どものお弁当作りに食事の準備…。お肌が荒れるというのを分かっていても、本当は7時間もの睡眠時間を持てない人がほとんどではないでしょうか。 中でも夜間の歯磨きは大切。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、夜はちゃんと歯磨きすることをおすすめします。歯のブラッシングは回数ではないので、1回のクオリティに気を付けることが大切です。 メイクの短所:涙が出る時にまさしく阿修羅のような恐ろしい形相になってしまう。わずかにミスしても下品になったりみすみす地雷を踏むことになる。素顔をごまかすのにも限界がある点。 今を生きる私達は、毎日毎日体の中に溜まっていくという恐怖の毒素を、たくさんのデトックス法を試して体外へ追いやり、何としてでも健康になりたいと努力している。 美容とは、結髪や化粧、服飾などにより容貌や容姿を更に美しく装うために形づくることを指す言葉。実は江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味の言葉として使われていたようである。 どこにも問題のない健康な身体にもみられる浮腫だが、これはしごく当たり前のこと。ことさら女性は、夕方のふくらはぎのむくみを防ごうとするが、人であれば、下半身の浮腫はまっとうな状態である。 ... Read More

美容とは、化粧や整髪、服飾などを用いて容姿をより美…

美容とは、化粧や整髪、服飾などを用いて容姿をより美しくするために形づくることを言う。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたとのことだ。 下半身は心臓から遠い位置にあるため、重力によってリンパの流通が滞ることが一般的。むしろ下半身がむくむのは、リンパ液が少し滞留しているという体からのサイン程度のものだと受け取ったほうがよい。 心臓から離れている下半身は、重力の影響でリンパの流通が悪くなるのが一般的。むしろ下半身にみられるむくみは、リンパ液がわずかに悪くなっていますよという体からのサイン程度に受け取ったほうがよいだろう。 例を挙げれば…今、PCを見ながら頬杖をついているとします。実はこれは手の平の力をめいっぱい直接ほっぺたへ当てて、お肌に対して余計な負荷をかけることになります。 指で押すと返してくる肌の弾力感。これを司っているのは、化粧品でおなじみのコラーゲン、すなわちタンパク質なのです。バネの役割を担うコラーゲンが安定して皮膚を支えていれば、肌はたるみとは無縁でいられるのです。 20~30代に出現する、治りにくい“大人のニキビ”の女性が増加している。もう10年間この大人ニキビに悩まされている人が評判の良いクリニックに来ている。 どちらにせよ乾燥肌が暮らしや身辺の環境に大きく関係しているのなら、日々の些細な身のまわりの癖に気を付けるだけでほぼ全ての肌のトラブルは解決すると思います。 どこにも問題のない健康な体にも起こるむくみだが、これは当然のこと。ことに女の人は、脚のふくらはぎの浮腫を気にするようだが、二足歩行の人間であれば、下半身が浮腫むのはいたってまっとうな状態である。 辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の素因としては、1.腸内や表皮、肺や口腔内などにおける細菌叢(フローラ)、2.遺伝的素因、3.栄養面での要素、4.住環境、5.1~4以外の考え方が現在は主流だ。 細胞分裂を活性化し、肌を再生させる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動中はほとんど出なくて、夕飯を済ませてゆるりと身体を休め寛いだ状態で分泌されるからです。 美容外科の施術を受けることについて、人には言えないという感覚を持つ方も結構多いので、施術を受けた方の名誉とプライバシーを冒さないように工夫が特に重要とされている。 「デトックス」法にはリスクや課題は無いと言えるのだろうか。だいたい、体内に蓄積してしまう「毒素」というのはどのような物質で、その毒とやらは果たして「デトックス」の力で流せるのだろうか? 美容外科の施術をおこなったことに対して、恥だという気持ちを抱く方も割と多いようなので、手術を受けた人の名誉と個人情報を損ねないように注意が必要とされている。 美白は、メラニン色素の沈着が少ない、更に明るい肌を目指すビューティー分野の観念、又、そのような状態の皮ふそのものを指す。大抵は顔の皮ふについて採用されることが多い。 内臓の健康具合を数値で見られる素晴らしい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人の自律神経の状態を数値化することで、内臓のトラブルを把握することができるという応用範囲の広いものです。 ... Read More

環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、すなわちまる…

環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、すなわちまるい形状をした紅い色の湿疹や鱗屑など、皮膚の病気の総合的な病名であり、その病因は非常にいろいろだといえるでしょう。 むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・お酒を飲むこと・肥満といったライフスタイルの乱れ、ストレスに縁って、ことさら日本人に増えつつある疾患だということができます。 目と目を合わせることで、人間がセラピーアニマルのことをすごく愛おしいと思う時にホルモンのオキトキシンが分泌された結果、ストレスを軽減したり癒しなどに結びついています。 毎日の規則正しい暮らしの保持、暴飲暴食を控えること、正しい運動やスポーツなど、一見古典的ともいえる健康に対する配慮が皮膚の老化防止にも役立つのです。 複雑骨折して大量出血した場合、急激に血圧が下がって、眩暈やふらつき、冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、気絶などの様々な脳貧血の症状が起こる場合があります。 くしゃみに鼻みず、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の諸症状は、アレルギーを起こす花粉の飛び散っている量に追従するかのように悪化してしまうという性質があるのです。 耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に分類されますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスなどが付き、炎症が発生したり、体液が滞留する症状を中耳炎と言っています。 暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、高齢化など多様な原因が集まると、インスリン分泌が鈍化したり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。 BMI(体重指数を求める式はどこの国でも同じですが、数値の位置づけは国ごとにそれぞれ少しずつ異なり、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22を標準体重とし、25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重と広報しています。 男性だけにある前立腺という臓器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密接に関係し、前立腺に発現してしまった癌も同じく、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の働きによって肥大化します。 基礎代謝というのは人間が何もしていなくても燃焼してしまう熱量のことですが、大方を様々な骨格筋・最大の内臓である肝臓・頭部の脳が占めているのです。 虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中が細くなり、血流が途絶えて、栄養や酸素が心筋に配達されず、筋線維そのものが死ぬという大変怖い病気です。 患者が増えつつある逆流性食道炎は、1週間も処方薬を飲めば、大体、9割前後の患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の傷みや炎症が癒えたとは言い切れないので気を付けましょう。 好気性桿菌のひとつである結核菌は、人間が咳き込むことによって空中に散布され、空中でふわふわと移動しているのを今度は別の人が空気と一緒に吸い込むことにより感染していきます。 30歳代で更年期になったら、医学用語で表現すると「早期閉経」という病のことを指します(我が国の場合40歳未満の女の人が閉経してしまう状態のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と称しています)。 ... Read More